「テキストボックス・ワードアートの表示・非表示」のショートカット / エクセル (Excel)

エクセル (Excel)でテキストボックス・ワードアートを表示・表示するショートカットは

[Ctrl] + [6]

指の割当(私の場合)
[Ctrl:左小指] → [6:右人差指]

[補足]
表示・非表示の対象となるのは、シートにあるオブジェクト全て。
オブジェクトとは、挿入タブにある図(図、クリップアート、図形、SmartArt、スクリーンショット)、グラフ(縦棒、折れ線、円、横棒、麺、散布図、その他のグラフ)、スライサー、テキスト(テキストボックス、ワードアート)、記号と特殊文字(数式)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です